topイメージ

多様化するオフィスの種類

ノマドワーカーやSOHOなど様々な働き方やライフスタイルが増えている中で、オフィスの形態も多様化してきています。こちらでは、起業する際に覚えておきたい「オフィスの種類」をご紹介いたします。

「自宅とオフィスを兼用する」

自宅を事業所として使用することにより、新たにオフィスを借りる必要がないためにコストを抑えられるのが魅力です。しかし、持ち家であれば会社として住所を登記することができますが、賃貸マンションでは会社登記が認められないことがあります。そのため、会社用の住所と電話番号がレンタルできる「バーチャルオフィス」の利用や、事業所として使用できる執務室つきマンションに住む方も多くいます。

「賃貸オフィス」

多くの企業では事務所用ビルの賃貸オフィスを利用しており、事業が軌道に乗り始めた中小企業やベンチャー企業などにはおすすめです。しかし、どうしても家賃負担が大きくなるため、起業したてで安定した収入が望めなかったり、ひとりまたは少人数での運営を希望したりする場合にはよく考えた上での利用がよいでしょう。

「シェアオフィス」

「シェアオフィス」とはワンフロアや1室を複数の起業家とシェアして借りるオフィスです。賃貸オフィスよりコストが低い点が魅力ですが、個人スペースはパーテーションで仕切る程度でプライバシーが確保されにくいのが難点です。特に、同業者がいる場合は情報やノウハウの管理に注意する必要があります。

また、その一方で様々な業務を行っている起業家の方々とのビジネス交流の機会が得られることで、ご自身のビジネスにとってプラスに働くこともあります。

「コワーキングスペース」

「コワーキングスペース」

今までのオフィス形態とは異なり、特定の席がなくオープンスペースで他の利用者と場所を共有するオフィスです。時間制や月額料金と使い方の自由度が高く、毎日色々な人が出入りするため人脈を広げることができます。コミュニティを広げたい起業家やフリーランスの方には、お気軽に利用することが出来るため最近注目されているスペースです。

「レンタルオフィス」

「レンタルオフィス」

同じフロア内に複数の人とオフィスを借りる形です。一見シェアオフィスと似ていますが、レンタルオフィスは完全個室となり、プライバシーが守られたスペースで仕事ができます。また、オフィス家具とOA機器並びに電話やインターネット等の情報通信環設備など、ビジネスに必要なものがひと通り整っているため契約してすぐに仕事が始められます。

横浜でレンタルオフィスを運営する「ISO横浜」

起業家支援とオフィス提供のコンシェルジュ
ビジネスサポートオフィス「ISO横浜」

横浜中区に位置し、馬車道駅から徒歩4分の好立地にオフィスを構える「ISO横浜」では、レンタルオフィスやバーチャルオフィス並びにシェアオフィスの運営を行っています。オフィスの提供の他にも来客受付や電話代行会社設立のためのセミナーの開催などにも対応していますので、起業をお考えの方やオフィスをお探しの方はぜひご活用ください。

横浜のレンタルオフィス・バーチャルオフィス運営【ISO横浜】 / 横浜市中区 概要

サイト名 ISO横浜
所在地 〒231-0004 神奈川県横浜市中区元浜町3丁目21-2 ヘリオス関内ビル4階
電話番号 045-222-8282
FAX 045-222-8288
URL http://www.iso-hama.co.jp
メールアドレス info@iso-hama.co.jp
説明 横浜でレンタルオフィス・バーチャルオフィス(貸事務所)・貸し会議室を運営する【ISO横浜】です。法人登記や電話代行、秘書代行のサービスにも対応しております。起業(会社設立)・独立のセミナー・交流会も開催し、創業支援を行っております。レンタルオフィス・バーチャルオフィスなら横浜市中区(関内)の【ISO横浜】にご相談ください。
会社名 株式会社アイ・エス・オー
日本
都道府県 神奈川県
市区町村 横浜市中区元浜町

hide