topイメージ

スタッフブログ

謎解き「ゴッホと文化財」展へ行って来ました

2021.09.28

 

こんにちは。
横浜のレンタルオフィスなら「I.S.O横浜」スタッフのAです。

 

横浜そごう美術館で開催された「東京藝術大学スーパークローン文化財 謎解き 『ゴッホと文化財』展 つくる文化∞つなぐ文化」へ行って来ました(現在は終了しています)。

 

どういうものかというと、

“文化財保護を進める上で抱えている課題―公開をすれば劣化が進み、保存を重視すると文化財の価値を共有・伝承できなくなる―。

そのような矛盾を解決しようと、東京藝術大学は高精度の文化財複製「クローン文化財」の技術を開発し、そごう美術館では昨年、クローン文化財の意義を考える「東京藝術大学スーパークローン文化財展 最先端技術がつくる未来」を開催しました。”(横浜そごう美術館HP 原文まま)

 

題名にもある通り、スーパークローン芸術作品の展示です。
通常、美術館での展示は、距離を保ってあったり、ケースに入れられていたり、近くには寄れないものです。
ましてや、世界的に有名な作品はなおのことです。
私も、昔、モナリザを観たことがありますが(そんな頃もあったなぁ~また行きたいなぁ~)、さすがスーパー有名、だれもが知る作品だけあって絵の前の人だかりも多く、ひとごと鑑賞(^^;
なんとか人が引いていくのを待って鑑賞したものです。
それでも、あの、“本物”なのだ!という感慨はひとしおでした。

 

今回のこの展示会は、“本物”なのだ!感は味わえませんが、十分リアルな“スーパークローン”作品を、遠巻きではなく間近でケースなしで見られました。

 

なかでも、私がとても楽しみにしていて、実際ドキドキワーワー言いながら鑑賞したのが、こちらの、3D立体!!『笛を吹く少年(エドゥアール・マネ)』。

美術の教科書で習ったやつだー!しかも、立体!
こんな日が来るとは!
一緒に記念撮影しました(*^^*)

 

有名作品が続きます。
『星月夜(フィンセント・ファン・ゴッホ)』。

目の前数センチでケースなし!ぐるぐるの筆使いと美しい青を堪能。

 

『ひまわり(同 ゴッホ)』

こんな目の前で!美しい!

 

『アレアレア たわいない遊び(ポール・ゴーギャン)』

ゴーギャンもー!あーもう興奮!

 

せっかくの名品をしまいっ放しではなく、多くの人の目に触れられるように、との願いから行われた試み。
すごい技術のある時代のお陰だなぁ、と思いました。
フランスまで行かずとも、横浜駅で十分胸いっぱいになれました(笑)。

 

 

◇◆横浜のレンタルオフィス・バーチャルオフィスなら「I.S.O横浜」◆◇

 

◆「I.S.O横浜」のホームページはこちら◆
https://www.iso-hama.co.jp/

馬車道駅より徒歩3分です。
お問い合わせはメールか電話でお気軽に!

MAIL:info@iso-hama.co.jp
TEL:0120-60-8282

◆ご利用者の声◆
https://www.iso-hama.co.jp/voice/

◆Facebookページ◆
https://www.facebook.com/isoyokohama
ぜひ、「いいね」を押してください。

◆instagramページ◆
@iso.yokohama
ぜひ、「いいね」を押してください。

hide
起業家 特別優待制度
スタートアップ経営の手引き
レンタルオフィス_LP
バーチャルオフィスLP
動画一覧
24時間で起業する 「起業実現ゼミ24」
side_bn_top

side_bn_bt