[018]フレームワーク分析で自社PR~3C分析~

マーケティング戦略を立てる際に、ビジネスフレームワークを活用することで現状を客観視でき、適切な戦略を素早く立案できます。

今回はビジネスフレームワークの中でも、最もモレなくダブりがないといわれている、3C分析について説明します。

3Cとは、「自社(Company)」「顧客(Customer)」「競合(Competitor)」の3つの視点を用いた現状分析で活用するビジネスフレームワークです。

具体的には、下記のようにまとめていきます。

1.顧客(Customer)
ここでは、「市場」と「顧客」に分けてまとめていくと整理がしやすいです。

<市場>
・市場規模および推移
・今後の市場動向
(まとめかた)
市場分析で言いたいメッセージは3つしかありません。
1.市場規模が大きい
2.市場が伸びている
3.今後も市場が伸びていく
この3つのメッセージのうち、最もPR力のあるものを選んでください。

<顧客>
・ターゲット市場の顧客ニーズ
・潜在顧客および彼らのニーズ
(まとめかた)
ここでは、5ステップの「課題」でまとめたポイントを、データを使って証明します。

2.競合(Competitor)
・マーケットリーダーの戦略
・競合各社の戦略、強み、弱み
(まとめかた)
競合分析で必要なのは、「穴を攻める」。
競合他社の特徴を列挙するだけでは不十分です。
彼らの弱みや課題、ターゲットが不満に思っている点をまとめることが必要です。自社はそんな競合の弱みや課題、つまり顧客が物足りないと思っているところを埋める商品やサービスを提供するのです。

3.自社(Company)
キーワードは、「だから自社はうまくいく。」
どのようなビジネスでも、実はここでのメッセージは決まっています。

1.市場は大きい(伸びている、今後伸びる)
2.顧客は現状に課題を持っていて、新たな商品サービスを望んでいる
3、競合他社には弱みがある、課題を持っている

自社の強みは○○であり、自社はこのような市場環境や競合環境を踏まえてこのような商品サービスを展開していく。

 

3C分析は、自社の強みをPRするには最適なフレームワークです。市場と顧客と競合という、3つの側面から自社ビジネスの優位性を証明してくれるからです。
事業計画書において3C分析は必須です。メッセージを明確にまとめていってくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

  1. 自分で事業をすると、日々やることがたくさんになるかと思います。 全てをすることは物理的に無理だ…
  2. Q-Board(キューボード)は、福岡証券取引所が開設する新興企業向けの株式市場です。2000年5月…
  3. 起業する際には経営理念とビジョンを作ります。 会社の「あるべき姿」と「将来の姿」。 &n…
  4. 事業計画書のわかりやすい構成は「ターゲット→課題→解決策→実行方法→収益計画」ですが、その中でも「タ…
  5. 会社分割とは、既存の会社(分割会社)を他の既存の会社(承継会社)または新設する会社(設立会社)に分割…
ページ上部へ戻る