[020]人を巻き込む「前のめりビジネスプラン」の作り方

「ビジネスプラン」というと堅苦しく聞こえてしまいますが、実はそれほど難しいものではありません。

「○○のビジネスをしよう!」

「××を△△に売りたいなあ」

これは立派なビジネスプランの一部です。ビジネスをしようとする場合、ほとんどのビジネスプランはあなたの頭の中にあります。

起業家サポートをしている中で、よく「ビジネスプランは書面に落とし込まないといけないものなのでしょうか?」という質問を受けます。

答えはYESでありNOです。「えっ、YESじゃないの!?」と思うかもしれません。はい、なくてもいいかもしれません。でも、ほとんどの場合はYESです。その違いはどこにあるのでしょうか。

自分1人でビジネスを始めて、資金調達をせず、1つのものを販売していく。この場合はビジネスプランを書面にしなくてもやっていけるかもしれません。とにかく売れば自分は生きていけます。そこで必要なのは宣伝資料です。むしろビジネスプランを書面に落とし込む時間があったら営業したほうがいい場合もあるでしょう。

しかし実際には、銀行や投資家から資金調達をしたり、数人規模でビジネスを始めたりという場合が多いと思います。「第三者に自分が考えるビジネスを理解してもらう必要がある。」そんなときは、ビジネスプランの書面への落とし込みは必須です。口頭で話しても、相手はどんどん忘れていきます。しかし、書面で説明すれば相手の記憶にも手元にも残ります。社内に対しても同じことが言えます。「3人そろえば意見が合わなくなる」と言われるぐらい、人数が多くなるほどに各人の方向性はずれていきます。コンセンサスを持って同じベクトルでビジネスを行うためにも、ビジネスプランは書面に落としましょう。

『人間は興味のある方向に引かれる』と言います。これは単に身体の向きだけでなく、身体そのものが興味を持っている方向にぐっと引き寄せられていきます。人に対しても同じなんです。心理学では「パーソナルスペース」という言葉があります。これは相手との「心地よい距離」のことを意味します。

一般的には、仕事をするときに心地のよい距離は 120-360cm、恋人や家族とは45㎝以内と言われています。相手に対する関心度が近いほどに、「相手をもっと知りたい」と思い、距離がどんどん近くなっていく。相手のスペースに入り込み、相手もそれを受け入れる。だから親密になるほどに距離が近くなるのです。

ビジネスプランも同じことです。興味を持つほどに姿勢が資料に近づく。話を聞いているうちに背もたれから離れてちょっと前傾姿勢になる。距離が近くなる。これが「前のめり」です。相手に「興味を持たせる」ビジネスプランを作り、伝えることがとても大切。

それが、「相手が思わず前のめりになってしまうビジネスプラン」なのです。相手を前のめりにさせて、「120cm」の壁を破りましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

  1. DCF(Discount Cash Flow)法とは、「企業の将来キャッシュ・フローを一定の割引率を…
  2. 会社でのコミュニケーションは仕事のことだけではありません。 部下からプライベートな相談を持ち掛…
  3. M&Aでは、買収完了後の統合戦略が重要です。具体的には、以下の取り組みをしていきます。 …
  4. 「スピーチの効果的な練習法(事前練習)」はこちらをご覧ください。 プレゼン…
  5. 創業のための補助金助成金を支給しているのは国だけでなく、地方自治体もあります。 …
ページ上部へ戻る