[035]ブログを書くコツ、続けるコツ(その5)

その1〜3はこちら→ https://www.iso-hama.co.jp/tebiki/2017/11/01/031/

その4はこちら→ https://www.iso-hama.co.jp/tebiki/2017/11/01/032/

その5〜6はこちら→ https://www.iso-hama.co.jp/tebiki/2017/11/01/033/

その7〜8はこちら→ https://www.iso-hama.co.jp/tebiki/2017/11/01/034/

 

<コツ9>何かに徹底的にこだわる

前にも書いたとおり、ブログは定期的に書くのがいいです。
でも、これがプレッシャーになったりしますね。

頑張って毎日書いてたけど、ある時書き忘れてしまったりすると、なんか、糸が切れてしまって続かなくなることがよくあります。

なら、他のことにこだわればいいんです。

例えば、「本数にこだわる」。
100本書くなら書くまでがんばる。

「アクセス数」にこだわる。
目標のアクセス数に行くまでがんばる。

他のことはどうでもいい。ただ、それだけはなんとしてでも達成する。

 

この、「これだけは何としても達成しよう」というこだわりが大切です。

それだけでも気分が変わると思いますよ。

 

 

<コツ10>そもそもなんのためにブログを書くのですか?

一番最初に「ブログを書こう!」と思った目的を思い出してみてください。

「ブログを書いてビジネスにつなげよう!」と思ったかもしれないし、
「自分の記録を残しておこう」と思ったかもしれない。

「みんなに何かを伝えたい」と思ったかもしれないし、
「ファンを作りたい」と思ったかもしれない。

そもそも「なんで自分はブログを書こうと思ったんだっけ?」と思い出してみてください。

ブログというのは、その目的を達成するための手段だったはず。

でも、いつのまにか、「ブログを書くこと」が目的になってしまうことが結構あります。

とにかくブログを書かなきゃ。

書かなきゃだめだ!

書けない自分は情けない。

もはや人間失格。

面白いわけがない。

人に響くようなブログなんて、そうそう書けません。
特に生まれて初めて書くとしたらなおさら。

でもひとつだけ人の心を打つことができる方法があります。

「自分の想いを伝えたい」と思うこと。

ブログはコミュニケーションツールだと私は思っています。

昔と違って、ブログは読者の反応が見えにくくなりました。
だから、「誰に向かって書いているのかわからなくなる」。

ブログは、読んでくれている人はずっと読んでくれていたりする。
アクションを起こすとかじゃなくて、見守ってくれています。

 

実は、その人の「素」が出ているブログのほうが心に残ったりする。

キレイな言葉とか内容で行き詰るのなら、いっそのこと自分の「素」を出してぶっちゃけで話してしまったほうがいい。
そのほうが伝えたいことがストレートに伝わる。

ひとはひとに惹きつけられる。

「そのひと」だから何かを頼もうと思う。

自分が伝えたいことを、かっこつけないで、ストレートに語りかける。

もしブログの更新に行き詰ってきたら、そんなことを考えてみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

  1. M&Aをする際には、たくさんのステップを踏んでいく必要があります。具体的には、1.戦略策定、…
  2. これまでは、未上場企業が資金調達をする場合には、日本政策金融公庫や保証協会付きの融資か、第三者割当増…
  3. 最初に申し上げます。プロモーションは、「カネをかけるか手間をかけるか」のどちらかです。 SNS…
  4. 「特定創業支援事業」とは、創業者の経営、財務、人材育成、販路開拓等の知識習得を目的として継続的に行う…
  5. ファシリテーションとは、 「会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理し…
ページ上部へ戻る