[037]5forces分析のまとめ方のポイント【フレームワーク】

5forces分析は、次の5つの要因から業界内での構造や力関係を見ていきます。

 

・企業間の競争状況

・サプライヤー(仕入先)の状況

・バイヤー(顧客)の状況

・新規参入の脅威

・代替品の脅威

 

それぞれの分析ポイントは以下の通りです。

 

・企業間の競争状況

・競合の数

・競合間の力関係

・シェアの流動性

・競争のポイント

競合とは、いわゆるライバルのことです。自社の事業と競合する相手は誰か、大手が多いのか中小企業が多いのか、どういう強みを持っているのかなどを調べます。

 

・サプライヤー(仕入先の状況)

・力関係(変更の容易さ、価格交渉力)

サプライヤーとは、原材料や商品の仕入れ業者を指します。サプライヤーの業界の特性、買い手となりうる数や規模などを分析します。サプライヤーの力が強い場合、値上げの要求や供給の停止、支払条件の厳格化(現金払い)等が脅威となることがあります。

 

・バイヤー(顧客)の状況

・力関係(商品の差別性、購入ボリューム・単価、選択の幅)

バイヤーとは、顧客を指します。B to Cであれば、消費者の嗜好や興味、性別・年齢・地域性などが分析する内容となります。B to Bであれば、企業の業界特性や数、規模等を分析します。バイヤーの力が強い場合、値下げ要求が強まります。自社の力が強い場合は、行列や予約の殺到等が起き、価格を強気に設定することができます。

 

・新規参入の脅威

・参入障壁

・参入が予想される企業

新規参入は、今後新たに参入してくる競合他社を指します。自分の製品サービスが他から真似されやすいか、市場からのニーズの強さ、業界の寡占度、法規制等を分析します。参入障壁が低い場合、今後新たに競争業者が増えていく脅威が考えられます。

 

・代替品の脅威

・将来的な代替商品・サービスの可能性

代替品は、買い手のニーズを満たす他の製品サービスのことです。携帯電話がデジカメに取って代わったり、パソコンがタブレットに変わったり等、別の形で代用できてしまう脅威があります。

 

全体の分析のポイントとしては、これらの5つの力関係を見ながら、自社の弱みや脅威となる要因をピックアップし、それらに対処するための対策を考えることが重要です。

ベンチャー企業の場合、多くの要因で力関係が弱くなります。仕入業者からの仕入条件も悪いですし、大手企業の参入脅威は常に出てきます。「そういった脅威にどのように対応していくか」を分析してください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

  1. 経営者の高齢化に伴い、近年「事業承継」がクローズアップされています。 日本…
  2. 創業のための補助金助成金を支給しているのは国だけでなく、地方自治体もあります。 …
  3. ビジネスを行う上で、「収益モデル」はキモです。 これがないと単なるボランティアになってしまいます。…
  4. 日本政策金融公庫による創業融資は、起業時の融資でおなじみの資金調達手法です。 …
  5. 「ビジネスプラン」というと堅苦しく聞こえてしまいますが、実はそれほど難しいものではありません。 …
ページ上部へ戻る