[039]マーケティングと言えば「STPマーケティング」を理解する

STPマーケティングとは、効果的に市場を開拓するためのマーケティング手法の事です。マーケティングの目的である、自社が誰に対してどのような価値を提供するのかを明確にするための要素、「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」の3つの頭文字をとっています。フィリップ・コトラーの提唱した、マーケティングの代表的な手法の一つです。(ウィキペディア)

 

STPマーケティングでは、下記のステップで戦略を作っていきます。

 

  1. セグメンテーション
    マーケティング環境分析の結果を踏まえて、不特定多数の人々を同じニーズや性質を持つ固まり(セグメント)に分ける
  2. ターゲティング
    自社製品を市場に投入する際、どの顧客層(セグメント)を標的市場にするかを決めること。
  3. ポジショニング
    その顧客に対してどのような価値を提供するかを決める。競合品との関係のなかで、自社商品のポジションを明確にする。

<セグメンテーションのポイント>

セグメンテーションは、下記のカテゴリーがあります。

① ベネフィット・セグメンテーション(ベネフィットをもとにグループ化。ex.価格の安さ、品質、優れたサービス。)

② デモグラフィック・セグメンテーション(人口構成をもとにグループ化。ex.裕福な高齢者層、少数民族の若年低所得者層。)

③ オケージョン・セグメンテーション(製品/サービスを使用する機会をもとにグルー プ化。ex.ビジネス利用、観光利用、不意の急用。)

④ ユーセッジ・レベル・セグメンテーション(大量使用者、中量使用者、少量使用者、未使用者で分類)

⑤ ライフスタイル・セグメンテーション(ライフスタイルでグループ化)

 

セグメンテーションを決めるコツは、

1.マーケットサイズを考える(人数、%等)

2.セグメント別の特徴を明確にする

3.もっともメッセージ性の高いセグメントを採用する

 

<ターゲティングのポイント>

セグメンテーションから、もっとも自社のニーズに合うと想定できる部分を選定するのがターゲティングです。ターゲティングは、さらに「一人の人(ペルソナ)」にまで絞り込むことが大切です。ペルソナについてはこちらをご参照ください。

 

<ポジショニングのポイント>

ポジショニングでは、「2つの軸」を使ってマップを作ります。ポイントは、あくまでも「顧客が購入する検討要因」で軸を作ること。顧客ニーズの中での自社の差別性をPRするのがポジショニングマップです。ポジショニングマップについてはこちらをご覧ください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

  1. メンタルヘルス対策の中で、管理監督者の役割は重要です。管理監督者によるメンタルヘルスケアを「ラインに…
  2. 営業には「法人営業」と「個人営業」があります。 それぞれポイントが異なっているので、営業先に合わせ…
  3. ※本記事は2018年3月20日現在です※ 【概要】 小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするた…
  4. M&Aのステップ(3-1)買収実行についてはこちらをお読みください。 …
  5. 前回の続きです。 【オズボーンのチェックリスト】 1.転用:他の用途で使えないか? 2.応…
ページ上部へ戻る