[065]営業ツールとしてのセミナー活用【その3:セミナー集客】

営業ツールとしてのセミナー活用【その1:メリット】はこちら

営業ツールとしてのセミナー活用【その2:セミナー企画】はこちら

 

セミナーの集客は、近年はインターネットを活用するケースが増えています。

具体的には、1.web広告を活用する、2.SNSを活用する、3.セミナー告知サイトを活用する、方法があります。

 

1.web広告を活用する

web広告と言えばgoogle広告が有名ですが、最近注目されているのはfacebook広告です。

facebook広告は、数百円単位で広告を打つことができます。

https://www.facebook.com/business/products/ads

 

2.SNSを活用する

例えば、facebookではイベントを作成して告知する機能があります。費用はかかりません。

https://www.facebook.com/help/131325477007622/

また、ビジネス利用を目的とした「facebookページ」を作成して、様々なイベントセミナーの案内や商品サービスの情報提供をすることもできます。

https://www.facebook.com/business/learn/set-up-facebook-page

 

また、ブログはインターネットの黎明期にサービス開始されましたが、今もなお情報発信ツールとして有効です。

映像でPRできる内容であれば、インスタグラムやyoutubeも活用できます。

 

3.セミナー告知サイトを活用する

最近は様々なセミナー告知サイトが存在しています。下記は代表的なセミナー告知サイトです。

<無料>

・セミナー情報.com

https://www.seminarjyoho.com/

・こくちーず

http://kokucheese.com/

・イベントフォース

http://eventforce.jp/

・セミナーバンク

http://seminarbank.net/

 

<有料>

・セミナーズ

https://www.seminars.jp/

・ビジネスセミナーガイド

http://www.crosslink.co.jp/seminar/index.html

・ストリートアカデミー

https://www.street-academy.com/

・peatix

https://peatix.com/

 

集客力には大きな差はありせんので、ひととおり掲載をしておくことをお薦めします。

 

営業ツールとしてのセミナー開催は、セミナー自体の大きな収益を期待できるものではないので、できるだけ費用をかけないことがポイントです。

無料と有料のPR媒体を活用し、効率的に集客をしていきましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

注目記事

  1. 創業のための補助金助成金を支給しているのは国だけでなく、地方自治体もあります。 …
  2. ※コツ1〜3はこちらをご覧ください。 http://www.iso-hama.co.jp/tebi…
  3. [050]自分のビジネスを守る知的財産権の種類と特徴ーその1(特許権)についてはこちら &nb…
  4. 自分の会社の価値を知るために、いくつかの「企業評価手法」をご紹介します。 これらの手法は、M&…
  5. 先日、社長三人で話していたときに、一人の社長さんがぼそりと一言。 「自分の仕事をしている時給を…
ページ上部へ戻る