[072]様々なメリットがあるビジネスプランコンテスト

ビジネスプランコンテストとは、自分のビジネスプランを発表して、最も優れたプランを表彰するイベントです。

ビジネスプランに出場するメリットは、

  1. 自分のビジネスプランを第三者に評価してもらえる
  2. 賞をもらえると対外的な信用につながる
  3. ビジネスプランをまとめるきっかけになる

現在は全国的に数多くのビジネスプランコンテストが開催されています。

全国で開催されているビジネスプランコンテストはこちら↓

https://www.mirasapo.jp/starting/information/bizcon.html

 

ここでは、3つご紹介します。

 

  1. 横浜ビジネスグランプリ
    横浜ビジネスグランプリは、公益財団法人 横浜企業経営支援財団、横浜市経済局が主催の、毎年2月に開催されているビジネスコンテストです。
    最優秀賞の賞金は100万円、その他優秀賞、女性起業家賞、オーディエンス賞、協賛賞があります。
    審査基準は、新規性、成長性、実現可能性、地域経済への影響・効果、経営者力・熱意です。
    応募資格は、
    【一般部門】以下の①または②に該当する方: ① 1年以内の起業を予定し、横浜市内で事業を行う意思のある方② 横浜市内に事業拠点がある、もしくは事業拠点を置く意思のある法人・個人事業主で、新たな事業に着手してから3年以内の方
    【学生部門】学校教育法に規定する大学(大学院を含む)、短期大学、高等専門学校、専修学校、若しくは日本国内のこれらに準ずると認められる学校に在籍する25歳以下(平成30年3月31日時点)の学生で、将来横浜市内での起業を考えている方
  2. かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場
    かわさき起業家オーデョションは、公益財団法人 川崎市産業振興財団が主催の、1年に6回開催されているビジネスコンテストです。
    起業家大賞、起業家優秀賞、起業家賞、ビジネス・アイデアシーズ賞、審査員特別賞、関係団体賞があります。
    審査基準は、新規性・優位性、将来性・社会性、市場性、販売計画、実現可能性、財務計画で、応募資格に特に制限はありません。
    応募費用は法人3,000円、個人2,000円の応募費用がかかります。
  3. ウーマンズビジネスグランプリ
    ウーマンズビジネスグランプリは、品川区立武蔵小山創業支援センターが主催の、毎年2−3月に開催されている女性起業家専門のビジネスコンテストです。
    グランプリ、優秀賞、特別賞、オーディエンス賞があります。
    審査基準は、(1)事業の内容を明確にイメージできるか(2)世の中に“あったら良い”と感じさせるか(3)目標数値や資金計画、運営体制などに無理がないか(4)世の中の流れ・時代に合っているか(5)将来的に成長・展開していく可能性を感じられるか(6)継続的に収益を上げることが可能か(7)競争相手・競合との優位性が感じられるか(8)波及効果はあるか(9)品川区の地域性を活かしたプランになっているか
    応募資格は、概ね1年以内に起業予定の20歳以上の女性、起業後、概ね5年以内の20歳以上の女性、既存事業とは異なる新規の事業を立ち上げようとしている女性、個人・法人設立予定者の場合は自身(申請者)が代表を務めること

ぜひチャレンジしてみてください!

 

関連記事

コメントは利用できません。

注目記事

  1. マーケティング戦略を立てる際に、ビジネスフレームワークを活用することで現状を客観視でき、適切な戦略を…
  2. 起業をするときに必須なのが、「事業計画書」です。 例えば、資金調達をする際に金融機関や投資家に…
  3. ターゲットの絞り込みができたら、実行フェーズです。実行フェーズはプロセスが多岐に渡るうえ、ほぼすべて…
  4. 会社でのコミュニケーションは仕事のことだけではありません。 部下からプライベートな相談を持ち掛…
  5. DCF(Discount Cash Flow)法とは、「企業の将来キャッシュ・フローを一定の割引率を…
ページ上部へ戻る