[081]アイデアがポンポンでる「アイデア発想グループワーク」

ここでは、グループでアイデア発想ができるブレインストーミングの方法を紹介します。

 

1.準備

  • アイデアを出したいテーマを決めます。「新しい○○を作ろう」
  • 「好きな○○」を10個、付箋に書き出します。例えば、○○が「カフェ」の場合、どんなカフェが好きかを自由に書き出してください。「コーヒーがおいしい」「クラシック音楽が流れている」「価格が安い」等々。
  • 次に、「好きなことやワード」を10個、書き出します。ここでは、カフェである必要はありません。「スポーツ」「海」「丸」「青」等、自分の好きなことを自由に書いてください。
  • 次に、「好きな形容詞」を10個、書き出します。「かっこいい」「シャープな」「ゆったりとした」「白い」等々。

2.ブレインストーミング

  • 各自が書いた「好きな〇〇」「好きなことやワード」「好きな形容詞」を机の上に集めます。模造紙の上でも結構です。
  • 机の上には、たくさんの「キーワード」があると思います。例えば、3人だと、10個のキーワード×3つの項目×3人=90個ものキーワードが出ています。これらを自由に組み合わせてみてください。
    例えば、「青い」「コーヒーのおいしい」「ゆったりした」を組み合わせて「壁が一面真っ青でのんびりとコーヒーが飲めるカフェ」。
  • このキーワードはあくまでもアイデアのきっかけでしかないので、ここからどんどんアイデアが発展してもかまいません。
    例えば、先ほどの「壁が一面真っ青でのんびりとコーヒーが飲めるカフェ」→壁が青って、海にいるみたいだ→海でチェアーに座っておいしいコーヒーを飲むのもいいね→じゃあBGMは波の音とか→いっそのこと、床に砂を敷いて、そこに座れるようにするとか→潮風って気持ちいいから、時々潮風が吹くとか。

    ドアを開けるとそこはまるで海。ラフな格好に着替えて、日常を忘れてのんびりとすごせるカフェ。
  • 組み合わせる際に、すぐにいいアイデアを出そうとしないことがコツです。いくつも組み合わせをする中で、発展していきおもしろいアイデアが出るものです。「これとこれを組み合わせたらどんなことが起こるだろう」をいくつも出してみてください。
  • ブレインストーミングの時の鉄則ですが、「できるできない」は考えないようにしてください。基本的に、ほとんどのことは実現できます。

 

一人で考えると行き詰ることも、複数で考えると予想外のアイデアが出たりしますよ。ぜひお試しください。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

注目記事

  1. これまでは、未上場企業が資金調達をする場合には、日本政策金融公庫や保証協会付きの融資か、第三者割当増…
  2. 損益計算書は、会社の一定期間における経営成績を示す決算書です。「PL」とも呼ばれます。 会社の売上…
  3. ※本記事は2018年3月20日現在です※ 【概要】 小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするた…
  4. ビジネスを始める際に、行政からの許認可がなければ営業ができない業種があります。 許認可には下記…
  5. 「特定創業支援事業」とは、創業者の経営、財務、人材育成、販路開拓等の知識習得を目的として継続的に行う…
ページ上部へ戻る