[089]事業化のスピードを速める「リーンスタートアップ」(その2)

[088]事業化のスピードを速める「リーンスタートアップ」(その1)はこちらをご覧ください。

 

リーンスタートアップの特徴は、「立ち上げ期間を短縮して、こまめな修正をしていく」ところにあります。

ステップは以下の通りです。

  1. MVP(Minimum Variable Product=必要最小限の商品)で製品化
  2. アーリーアダプターによる検証
  3. MVPの改良
  4. アーリーアダプターによる再検証
  5. ピボット(方向転換)

MVPは、「設定された仮設が正しいかどうか」を検証するために必要な商品です。

つまり、ターゲットの持つ「最大の課題」を解決できる、シンプルなものであることが望ましいです。

 

アーリーアダプターとは、「流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる人」で、市場全体の13.5%と言われています。少々の未完成品でも「とりあえず試してみよう」と思う人です。

 

検証には、「定量データ」と「定性データ」があります。定量データは、ビジネスの種類や検証したい内容によって異なりますが、webビジネスであればPV(ページ閲覧数)やUU(サイト閲覧者数)、店舗であれば来客数、そして顧客単価やアイテム数、リピート率等を検証します。こうした定量データは「KPI(重要業績評価指標)」と呼ばれています。

定性データは、アンケートやヒアリング等の「声」が有効です。

 

データによる検証結果をもとに、再度仮説を設定し、MVPを改良していきます。そして、再度検証していきます。

 

その後のステップが「ピボット」です。

ピボットとは、当初のビジネスモデルや製品サービスを市場や顧客の反応に応じて転換していくことです。

ピボットにはいくつかのタイプがあります。例えば、

  1. ズームイン型
    機能を絞って製品化する。機能の一部が製品全体となる。
  2. ズームアウト型
    大きな製品の一機能にする。
  3. 顧客ニーズ型
    仮説とは異なるニーズに応える。顧客にとって重要でないニーズを解決していることがわかった場合、別の重要な課題解決をする。
  4. 事業構造型
    マスマーケットを狙う、ニッチマーケットにする。収益モデルを変える。
  5. チャネル型
    販売チャネルを変える。ネット、リアル、小売り、卸売り等。

ピボットをいつすべきかという問いについては、明確に「いつ」とは申し上げにくいところがあります。

最適なタイミングは、「仮説検証をして明らかに仮説が異なっていることが分かったとき」です。

また、目安としては、1年間を仮説検証ステージとして、1年経過したのちにピボットを検討するのもいいかと思います。

 

いずれにしてもピボットをする際には大胆に考えましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

注目記事

  1. PDCAサイクルは、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。 …
  2. ポジショニングとは、「ターゲット顧客の頭の中に、自社製品について独自のポジションを築き、ユニークな差…
  3. プレゼンテーションはスピーチとスライド(資料)の2つからなります。 多くの人は、スライド(資料…
  4. 1.銀行口座開設について 近年、銀行口座の開設にあたっての審査が厳しくなっているという話をよく…
  5. 損益計算書は、会社の一定期間における経営成績を示す決算書です。「PL」とも呼ばれます。 会社の売上…
ページ上部へ戻る