[090]リーンスタートアップとベンチャー企業

[088]事業化のスピードを速める「リーンスタートアップ」(その1)はこちらからご覧ください。

[089]事業化のスピードを速める「リーンスタートアップ」(その2)はこちらからご覧ください。

 

「リーンスタートアップ」という考え方が注目されるようになった背景は何なのでしょうか。

 

そもそも、リーンスタートアップはソフトウェア開発において生まれた考え方です。

通常はシステム設計を細部まで行い、完全なシステムを構築し、慎重なテストを繰り返したうえで市場に投入します。

この手法の問題は、市場に投入するまでに時間がかかるということです。開発期間が1年かかることも少なくはありません。

 

一方で、現在は、特にwebにおいて時間の流れが速くなりつつあります。

1年の間に様々な商品サービスが出てきて、1年の間に消えていきます。

システムを開発している期間中に、類似サービスが出てきてしまう可能性も高くなってきています。

 

また、消費者のニーズが多様化していると言われている中、事前のマーケティングだけでは顧客ニーズがつかめなくなってきています。

時間と費用をかけて開発したサービスが、市場に出したら顧客ニーズとずれていたというリスクもあるのです。

 

このような背景から、「最低限の費用で最低限の機能をもったプロダクトを最速で開発し、市場に投入して顧客ニーズを検証しこまめに修正する」ことが、リスクを最も軽減できるという考え方が広まりました。

 

実際のところ、リーンスタートアップという考え方は、ベンチャー企業では日常的に使われているものです。

ベンチャー企業には潤沢な費用などありません。商品の投入が一日遅れるだけで、大きな機会損失となるので、市場に出すことを最優先に考えます。

未完成でもいいので市場に投入して、顧客の声を聴きながら、日々修正をしていく。これはベンチャー企業にとっては当たり前のことです。

 

ベンチャー企業の商品サービスの顧客の多くは「アーリーアダプター」です。

新しくて面白そうなものに飛びつく人たちです。少々未完成であっても、ブランドがなくても購入してくれる人たちです。

次の段階の購買者層は「アーリーマジョリティ」と言いますが、彼らは人の意見や情報、ブランドに左右され、購入判断をするまでにしばらく様子を見る人たちです。

 

必要なのはスピード感。ベンチャー企業はリーンスタートアップ的なビジネス展開をしてきましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

注目記事

  1. 【基本原則3】 上場会社は、会社の財政状態・経営成績等の財務情報や、経営戦略・経営課題、リスクやガ…
  2. DCF(Discount Cash Flow)法とは、「企業の将来キャッシュ・フローを一定の割引率を…
  3. 営業ツールとしてのセミナー活用のポイント【その1:メリット】はこちら 営業ツールとしてのセミナ…
  4. 準備編1はこちら、準備編2はこちらをご覧ください。 準備さえしっかりできて…
  5. 営業譲渡とは、会社ごと売買するのではなく、会社の中身のうち、必要な事業に関連する資産・負債のみを売買…
ページ上部へ戻る