[106]証券市場の紹介(6)-Q-boardー

Q-Board(キューボード)は、福岡証券取引所が開設する新興企業向けの株式市場です。2000年5月11日に開設され、近畿・中国・九州地方に本社を構える企業が上場しています。

 

【上場審査基準】

(形式要件)

  • 対象  九州周辺に本店を有する企業又は九州周辺における事業実績・計画を有する企業
  • 株主数(上場時見込み)  200人以上
  • 流通株式(上場時見込み)及び公募等の実施  500単位以上の公募
  • 上場時価総額(上場時見込み)  3億円以上
  • 売上高  成長可能事業の売上高が計上されていること
  • 事業継続年数  1年以前から取締役会を設置して、継続的に事業活動をしていること
  • 純資産の額(上場時見込み)  連結・単体純資産の額 正
  • 虚偽記載又は不適正意見等
    • 「上場申請のための有価証券報告書」に添付される監査報告書(最近1年間を除く)において、「無限定適正」又は「除外事項を付した限定付適正」
    • 「上場申請のための有価証券報告書」に添付される監査報告書等(最近1年間)において、「無限定適正」
    • 上記監査報告書又は四半期レビュー報告書に係る財務諸表等が記載又は参照される有価証券報告書等に「虚偽記載」なし
  • 上場会社監査事務所による監査
    • 最近2年間の財務諸表等及び最近1年間の四半期財務諸表等について上場会社監査事務所の監査又は四半期レビューを受けていること
  • 株式事務代行機関
    • 株式事務を本所の承認する株式事務代行機関に委託しているか、又は株式事務代行機関から株式事務を受託する旨の内諾を得ていること
  • 単元株式数  上場時に100株となる見込みのあること
  • 株式の譲渡制限
    • 株式の譲渡につき制限を行っていないこと又は上場の時までに制限を行わないこととなる見込みのあること
  • 指定振替機関
    • 指定振替機関の振替業における取扱いの対象であること又は取扱いの対象となる見込みのあること

(実質基準)

  1. 企業の継続性及び収益性
    1. 事業計画の適切性
    2. 安定的な利益計上の見込み
    3. 仕入、生産、販売等の事業活動・投資活動・財務活動の状況、主要な事業の前提となる事項の継続性
  2. 企業経営の健全性
    1. 関連当事者その他特定の者との取引の合理性・妥当性
    2. 役員の構成及び兼務の状況
    3. 親会社等から独立した経営の確保
  3. 企業のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性
    1. 機関設計及び監査の有効性
    2. 内部管理体制の整備・運用の状況
    3. 必要な人員の確保の状況
    4. 会計組織の整備・運用の状況
    5. 法令遵守体制の有効性
  4. 企業内容等の開示の適正性
    1. 会社情報の管理・開示の状況
    2. 企業内容等の開示の状況
    3. 企業グループの実態の開示の状況
    4. 親会社等の開示の有効性
    5. 開示実績の状況(既上場会社である場合)
  5. その他公益又は投資者保護の観点から本所が必要と認める事項
    1. 株主の権利
    2. 買収防衛策導入に関する事項
    3. 反社会的勢力関与防止の体制整備
    4. その他

 

関連記事

コメントは利用できません。

注目記事

  1. 近年、厚生労働省では「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(メンタルヘルス指針、平成18年3月策…
  2. 自分の会社の価値を知るために、いくつかの「企業評価手法」をご紹介します。 これらの手法は、M&…
  3. セントレックスは、名古屋証券取引所が開設する新興企業向けの株式市場です。現在15社が上場しています。…
  4. ビジネスを始める際に、行政からの許認可がなければ営業ができない業種があります。 許認可には下記…
  5. プレゼンテーションに説得力を持たせるノンバーバル・テクニック(その1)はこちら …
ページ上部へ戻る