[107]補助金を活用して事業を拡大しよう

近年、ベンチャー企業に対する様々な補助金が設定されています。

現在募集中の補助金をチェックするには、「ミラサポ」というサイトが便利です。

以下、ミラサポが補助金についてわかりやすく説明しているので、抜粋してご紹介します。

 

【補助金とは】

国の政策目標に沿った事業を実施する企業に対して、そのサポートを目的として給付する資金

 

【補助金の3つのポイント】

  1. それぞれの補助金ごとに目的と仕組みがあります。
    1. 補助金は、国のさまざまな政策ごとに、いろいろなジャンルで募集されています。
    2. それぞれの補助金の「目的・趣旨」といった特徴をつかんで自分の事業とマッチする補助金を見つけましょう。
  2. 補助を受けられるのは事業全部または一部の費用。
    1. ただし、必ずしもすべての経費が交付される訳ではありません。事前に募集要項等で補助対象となる経費・補助の割合・上限額などを確認しましょう。
  3. 補助の有無やその額については審査があります。
    1. 補助の有無・補助金額は「事前の審査」と「事後の検査」によって決定します。審査には「申請」が必要です。ポイントをわかりやすくまとめて申請しましょう 。
    2. 補助金は後払い ( 精算払い ) です。事業を実施した後に報告書等の必要書類を提出して検査を受けた後、はじめて受け取ることができます。

【補助金の流れ】

  1. 申請する
    募集要項や申請書はネット上からダウンロードできます。必要事項を記入して事務局に提出します。
  2. 決定する
    所定の審査があります。選定結果を受け取り、補助金が交付される事業者に決定したら(採択されるといいます)「交付申請書」を事務局に提出します。
  3. 事業の実施
    正式に、「交付決定通知」を受け取ったら事業の実施です。補助金の対象となる経費については、領収書や証拠書類をすべて保管しておいてくださいね。
  4. 補助金の交付
    実施した事業の内容やかかった経費を報告します。きちんと実施されたと確認されると補助を受けられる金額が確定し、補助金を受け取ることができます。
  5. 保管
    補助金の対象となる領収書や証拠書類は、補助事業の終了後も5年間は保管しておく必要があります。

詳細はこちらをご覧ください。

https://www.mirasapo.jp/subsidy/images/subsidy_flow2.pdf

 

補助金を上手に使うことで、予定より少ない資金で事業を実施することができます。また、補助金を受けていることが、対外的な信用につながることがあります。

補助金は大きく宣伝されなことが多いので、日頃から補助金情報をチェックしておくといいですよ。

関連記事

コメントは利用できません。

注目記事

  1. 事業を始める際には、下記のような資金が必要になることがあります。 <スポットでかかる費用> …
  2. 個人事業主と異なり、法人は登記が必要となります。法人の種類によって設立手続きは異なる場合がありますが…
  3. 多くのベンチャー企業は良くも悪くも社長に「おんぶにだっこ」。社長が営業、資金調達、人材確保、その他ほ…
  4. [050]自分のビジネスを守る知的財産権の種類と特徴ーその1(特許権)についてはこちら &nb…
  5. 前のめりになるビジネスプランに必要な要素として、「差別性」があります。言うまでもなく、「他の企業や他…
ページ上部へ戻る