[159]新型コロナウィルスに伴う緊急融資のまとめ

  • 2020/4/22
  • [159]新型コロナウィルスに伴う緊急融資のまとめ はコメントを受け付けていません。

新型コロナウィルスによる活動自粛の長期化により、会社の資金繰りがひっ迫しているケースが増えています。

 

それを受けて様々な緊急融資制度ができていますので、ご紹介します。

※2020年4月22日時点です※

 

1.日本政策金融公庫

(1)新型コロナウィルス感染症特別貸付
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html
解説動画もあります。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/movie_guide.html?fbclid=IwAR2rWUknhwzWegVwg5WNdDE3UTWLBpcP63pBtHcERcTl8lQGhofPtbgL0xo

 

(2)経営環境変化対応資金(セーフティネット貸付)
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/07_keieisien_m.html

 

(3)マル経融資(小規模事業者経営改善資金)別枠
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/kaizen_m.html

 

2.信用保証協会付融資

(1)セーフティネット保証制度(4号:突発的災害(自然災害等)):100%保証となります
https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_4gou.htm

 

(2)セーフティネット保証制度(5号:業況の悪化している業種(全国的)):80%保証となります。指定業種があります。
https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_5gou.htm

 

(3)危機関連保証制度(大規模な経済危機、災害等による@信用収縮への対応):100%保証となります。
https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_crisis.htm

 

3.商工中金

(1)新型コロナウィルス感染症特別貸付(中小企業向け制度)
https://www.shokochukin.co.jp/assets/pdf/nr_200319_04.pdf

 

4.その他(給付金)

(1)持続化給付金
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

 

こういった融資を利用する場合は、各金融機関や主体によって審査等異なりますので、対象となるものは一通り申込してみるのがいいかと思います。

最近は金融機関も業務縮小しており、審査等に時間がかかっているようです。早めに準備して申込みください。

 

関連記事

コメントは利用できません。

注目記事

  1. 事業計画書のわかりやすい構成は「ターゲット→課題→解決策→実行方法→収益計画」ですが、その中でも「タ…
  2. 本評価は「マーケットアプローチ」とも呼ばれており、自社の事業と似ている上場会社の時価総額(株価×発行…
  3. SWOT分析とは、目標を達成するために意思決定を必要としている組織や個人のプロジェクトやベンチャービ…
  4. ターゲティングを定めてマーケティング戦略を構築する際に、「ペルソナ設定」をすると戦略が組み立てやすく…
  5. DCF(Discount Cash Flow)法とは、「企業の将来キャッシュ・フローを一定の割引率を…
ページ上部へ戻る