[159]新型コロナウィルスに伴う緊急融資のまとめ

  • 2020/4/22
  • [159]新型コロナウィルスに伴う緊急融資のまとめ はコメントを受け付けていません。

新型コロナウィルスによる活動自粛の長期化により、会社の資金繰りがひっ迫しているケースが増えています。

 

それを受けて様々な緊急融資制度ができていますので、ご紹介します。

※2020年4月22日時点です※

 

1.日本政策金融公庫

(1)新型コロナウィルス感染症特別貸付
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html
解説動画もあります。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/movie_guide.html?fbclid=IwAR2rWUknhwzWegVwg5WNdDE3UTWLBpcP63pBtHcERcTl8lQGhofPtbgL0xo

 

(2)経営環境変化対応資金(セーフティネット貸付)
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/07_keieisien_m.html

 

(3)マル経融資(小規模事業者経営改善資金)別枠
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/kaizen_m.html

 

2.信用保証協会付融資

(1)セーフティネット保証制度(4号:突発的災害(自然災害等)):100%保証となります
https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_4gou.htm

 

(2)セーフティネット保証制度(5号:業況の悪化している業種(全国的)):80%保証となります。指定業種があります。
https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_5gou.htm

 

(3)危機関連保証制度(大規模な経済危機、災害等による@信用収縮への対応):100%保証となります。
https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_crisis.htm

 

3.商工中金

(1)新型コロナウィルス感染症特別貸付(中小企業向け制度)
https://www.shokochukin.co.jp/assets/pdf/nr_200319_04.pdf

 

4.その他(給付金)

(1)持続化給付金
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

 

こういった融資を利用する場合は、各金融機関や主体によって審査等異なりますので、対象となるものは一通り申込してみるのがいいかと思います。

最近は金融機関も業務縮小しており、審査等に時間がかかっているようです。早めに準備して申込みください。

 

関連記事

コメントは利用できません。

注目記事

  1. 資金調達の手法の一つに、「第三者割当増資」があります。 会社が新株を発行して、第三者に新株を売…
  2. 先日、社長三人で話していたときに、一人の社長さんがぼそりと一言。 「自分の仕事をしている時給を…
  3. 最近はインターネットの普及、様々なアウトソーシングサービスやSNSの台頭により、一人起業がしやすくな…
  4. ビジネスは常に交渉です。 会社のブランドや信用度を武器にできる大企業と異なり、スタートアップ企…
  5. プレゼンテーションに説得力を持たせるノンバーバル・テクニック(その1)はこちら プレゼンテーシ…
ページ上部へ戻る