[170]自分の言いたいことが相手に伝わるロジカルシンキング

  • 2020/5/30
  • [170]自分の言いたいことが相手に伝わるロジカルシンキング はコメントを受け付けていません。

ロジカルシンキングとは、自分の言いたいことを伝わりやすくするためのコミュニケーションツールです。

ロジカルシンキングでコミュニケーションができないと、以下のような反応が相手から返ってきたりします。

・要は何が言いたいの?

・なんでそんなことが言えるの?

・それはあなたの意見?それとも事実?

コミュニケ―ションにおいて、相手から「それでいいよ」「すごいね」「いいんじゃないかな」「大丈夫そうだね」と言われるためには、「相手の疑問をなくし、理解させる」ことが大前提です。ロジカルシンキングができない人は、その大前提が崩れます。

 

ロジカルシンキングができる人とできない人の違いは以下の3つです。

1.客観と主観の整理ができているかどうか

本来であれば、事実と自分の意見が違っている場合は分ける必要があります。ロジカルシンキングができない人は、事実と自分の意見を一緒にして話をするので、どこからどこまでが事実でどこが自分の意見なのかがわかりません。

ビジネスにおいては、まずは事実があり、その後に自分の意見を述べるのがよいです。

2.分類(グループ分け)ができているかどうか

多くの情報があっても、それを何らかの基準で分類ができるとポイントがわかります。それができないと、とりあえず目についたものを話すので似た情報を繰り返したり大事な情報が抜けたりします。

3.全体から個別への落とし込みができているかどうか

全体像から話すことができると主旨がわかり理解度が進みます。細かいところから話をすると、「結局何が言いたいのか」がぼやけてしまいがちです。

 

ロジカルシンキングをする際のステップは以下になります。

1.相手が求めているものを理解する(何について答えてほしいかを知る)

2.必要な情報を集めて(または今ある情報を)分類(グループ分け)する

3.グループ分けされた情報から「分かること(メッセージ)」をまとめる

4.それぞれのグループに共通していることを考えてまとめる

5.4.が3.を説明できているか(WHY SO?:なんでそう言えるの?)、3.から4.が説明できるか(SO WHAT?:だから何が言えるの?)をチェックする

6.4.もしくは3.と4.を相手に報告する

 

実のところ、ロジカルシンキングでまとめる際に重要なのは、「1.相手が求めているものを理解する(何について答えてほしいかを知る)」です。

相手の目的が明確であれば、その目的に対する返答をゴールに分類、整理をしていけばいいからです。

 

分類の仕方については、また改めてご紹介しますね。

 

関連記事

コメントは利用できません。

注目記事

  1. 本評価は「マーケットアプローチ」とも呼ばれており、自社の事業と似ている上場会社の時価総額(株価×発行…
  2. [063]営業ツールとしてのセミナー活用【その1:メリット】はこちらをご覧ください。 &nbs…
  3. ビジネスは常に交渉です。 会社のブランドや信用度を武器にできる大企業と異なり、スタートアップ企…
  4. 自分の会社の価値を知るために、いくつかの「企業評価手法」をご紹介します。 これらの手法は、M&…
  5. 近年、厚生労働省では「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(メンタルヘルス指針、平成18年3月策…
ページ上部へ戻る