topイメージ

横浜市創業支援事業計画とは?横浜で起業をお考えの方へご紹介!

横浜市で起業を検討しているのであれば「横浜市創業支援事業計画」を利用することで、いくつかのメリットを受け取ることができます。横浜市創業支援事業計画とは、具体的にどのような内容なのかご紹介します。

横浜市創業支援事業計画とは

横浜市創業支援事業計画とは

横浜市創業支援事業計画とは、経済産業省が主導して平成26年に施行された「産業競争力強化法」にもとづいて、横浜市が創業支援の取り組みを推進するものです。

産業競争力強化法において、市区町村が民間の創業支援事業者(地域金融機関、NPO法人、商工会議所・商工会など)と連携し、ワンストップ相談窓口の設置や創業セミナーの開催などの創業支援を実施しています。

創業支援等事業者は国が認定することとしていますが、その中で、特に「経営、財務、人材育成、販路開拓の知識を全て学べる継続的な支援」を行う事業を横浜市特定創業支援等事業と位置づけているのです。

横浜市特定創業支援等事業に位置づけられたセミナーなどの支援を受けた方が、受講後に横浜市から証明書の発行を受け、いくつかのメリットを受けられるという計画になります。

横浜市創業支援事業計画に関するセミナーを受けるメリットとは

横浜市創業支援事業計画に関するセミナーを受けるメリットとは

横浜市が、横浜市特定創業支援等事業として位置づけたセミナーなどを受けた創業者や創業希望者の方は、下記のようなメリットを受け取ることができます。

登録免許税の軽減

創業前の方、個人事業主として創業後5年未満の方が会社を設立する場合には、登録免許税が軽減されます。株式会社設立時に必要となる登録免許税の15万円が7万5千円に、合同会社設立時に必要となる登録免許税6万円が3万円に減額されるのです。

信用保証協会による保証の前倒し

融資を受ける際の、無担保・第三者保証人なしの創業関連保証が、通常は創業の2か月前からの利用ですが、6か月前から利用できるようになります。

金利引き下げが可能

日本政策金融公庫の「新規開業資金」の貸付利率引き下げの対象となります。基準利率2.26~2.75%が、審査を合格した場合に限り、0.76~1.85%になるものです。

「新創業融資制度」の申込み要件が緩和

日本政策金融公庫の融資制度である「新創業融資制度」の、「雇用創出等の要件」と「自己資金要件」が緩和されます。

いずれもセミナーを受けると必ず適用されるというわけではなく、別途審査や条件があるので注意しましょう。

横浜で起業を検討しているのであれば、「横浜市創業支援事業計画」の活用もおすすめです。I.S.O横浜では、上記計画の対象となる認定セミナーである「起業実現ゼミ24」を開催しております。
起業実現ゼミ24では起業に必要な知識やノウハウが学べると共に、少人数でのワークを取り入れた実践的な指導による、起業の実現に向けた完全なサポート体制を用意しています。

横浜で起業を検討しているならI.S.O横浜

会社名 株式会社アイ・エス・オー
サイト名 ISO横浜
代表取締役 伊藤 邦夫
所在地 〒231-0004 神奈川県横浜市中区元浜町3丁目21−2 ヘリオス関内ビル4階
アクセスMAP
電話番号 045-222-8282045-222-8282
FAX番号 045-222-8288
HP https://www.iso-hama.co.jp
Eメール info@iso-hama.co.jp
会社設立 1999年7月
開業日 2000年4月
業務内容 レンタルオフィスおよびバーチャルオフィスの運営管理
貸会議室の運営管理
企業の経営支援およびコンサルタント事業
起業家支援活動および各種セミナー等の開催
説明 横浜でレンタルオフィス・バーチャルオフィス(貸事務所)・貸し会議室を運営する【ISO横浜】です。法人登記や電話代行、秘書代行のサービスにも対応しております。起業(会社設立)・独立のセミナー・交流会も開催し、創業支援を行っております。レンタルオフィス・バーチャルオフィスなら横浜市中区(関内)の【ISO横浜】にご相談ください。
資本金 1,800万
社員数 8名

hide